HOME>Topics>鳩が棲みついてしまったらすぐに業者に対策を依頼しよう!

業者に依頼するなら流れを確認

鳩駆除対策を業者に依頼する際、鳩の駆除の流れや時間など一連の作業について確認をすると当日慌てることがありません。

鳩駆除依頼から作業までの流れ

鳩

まずは依頼する業者を決めます

インターネットで鳩の駆除を行っている業者を見つけましょう。自治体のホームページで掲載している場合もあります。

現地調査を行います

実際に業者が現場を視察し、どれだけ被害が出ているのか確認をします。被害状況を確認してから、今後の作業の話を行っていきます。

見積もりと提案

鳩対策にかかる費用の見積もりと、鳩駆除の対策方法を提案します。クライアントが了承すれば契約成立で作業が始まります。

工事の安全対策の実施

工事を行う上で近隣住民の方の安全を考え、工事周辺の安全対策を行っていきます。安全対策を行い、作業内容と工事期間、注意点を再確認をしてから工事が始まります。

鳩対策の工事の施工

契約内容に沿って鳩対策工事の施工が始まります。万が一効果がなかった場合は別の方法で再工事を行います。安全確認を行い問題がなければ作業は終了です。

なぜ鳩を駆除しなければいけないのか理由を調べる

鳩は非常に繁殖能力が高く、繁殖期も3月から11月と長いです。鳩の糞による被害や巣を作って更に増えてしまう事で駆除をしなければいけません。

鳩が棲みついてしまったらすぐに業者に対策を依頼しよう!

鳩

鳩のフンによる健康被害

鳩の糞による健康被害は年々増加しています。鳩の糞には菌が多く入っており、人間にとって害です。洗濯物に付着したりベランダに付着したり、鳩がそこに巣を作ったりねぐらにしてしまうと、こういった糞の被害が深刻化してしまいます。

ハト

鳩による騒音被害

鳩は1羽だけならまだ「騒音」と感じることは少ないかと思います。しかし、これが何十羽と大量の鳩が集った場合、鳴き声や羽ばたく音は騒音になります。特に小さな子供がいる世帯には安心して静かに暮らすことが出来なくなる程です。

鳩による建物への被害

鳩は繁殖期になるとねぐらを見つけて巣を作り、そこに卵を産みます。そこに居続けますと建物が糞で汚れたり外の休憩室に鳩が溜まってしまったり、新たな待機鳩が安全な場所を求めて建物へ集ってしまいます。ベランダや洗濯物が糞で汚れてしまいます。

広告募集中